独立・起業

会社を辞める時に考えた事について。会社員にもたくさんのメリットがある。

更新日:

ども!こんちわ!

現在、絶賛起業準備中のごんじろう(@gonjiro999)です!

自分は今回の独立・起業にあたって、会社の上司へ退職する旨を相談しました。

その上司も過去に独立を考えていたようで、考えた結果サラリーマンとして生きていく事を選んだ人でした。

その上司の話を聞き考えた結果、会社員って結構いい事尽くめじゃん!って思っちゃいました。

また独立・起業をすることに対するデメリットもたくさん見えてきました。

今回はその時に考えた事について紹介をしていこうと思います!

会社員のメリット

ぼくが考えた会社員である事は以下です。

  • 労働に対し最低限の賃金が保証されている。
  • 社内の人との関わりは会社でしか味わえない。
  • 社会的信用性が高い。
  • 面倒な税金等は全部やってくれる。

 

労働に対し最低限の賃金が保証されている。

会社員であれば成果を挙げようが挙げまいが働いた時間に対して給料が支払われます。

これが独立してしまうとそういう訳にはいきません。

成果を上がった時にしかお金を得る事はできません。

日本人は安心。リスクオフが大好きな人種なので、正社員に固執するのはごく自然な事だと思います。

自分も独立は不安しかありません。

あしたのご飯が食べれなくなるかもしれない!って考えたらそりゃあ不安です。。。

それに対して毎月働いたら一定額の給料が振り込まれる事が約束されているとなれば安心です。

社内の人との関わりは会社でしか味わえない。

会社には仲間がたくさんいます。

人との

上司、同僚、部下いずれもそれぞれに面白さと良さがあります。

上司との関わりから得られるもの

└承認欲求を満たされる。

└怒ってもらえる。

承認欲求を満たされる。

人間誰しも認めてもらえるのが大好きです。

仕事できるね!とかかっこいいね!って言われて嬉しく無い人はあんまりいないですよね。

自分の会社は昇進してもほとんど給料は変わりませんでした。

それでも偉くなったりほめてもらえたり認めてもらえたりするのが嬉しくてめちゃくちゃ頑張ってました。

独立して自分が社長にでもなったら褒めてもらえる機会なんてほぼ皆無でしょう。

怒ってもらえる

世の中に出たら、怒ってもらえる事の方が少ないと思ってます。

出来てなくても、裏でダメだねあいつは。って言われるだけでめんと向かって怒ってくれる事はありません。

嫌な上司と仕事をするのは成長のチャンスってよく言います。

世の中嫌な人や自分と合わない人の方が断然多いです。

そんな人とうまくやっていけるように考えたり、努力したりするのは会社員でしか得られないものと思います。

同僚との関わりから得られるもの

いっしょに会社や上司の愚痴を言ったり、意味もなく飲みに行くのは無価値とよく言われますが、そんな事はないと思います。

生きてりゃいい事もありますが嫌な事もあります。

そんな時にくだらない話ができる仲間がいるのは自分の支えになります。

部下との関わりから得られるもの

これは一番目からうろこというか、今まで自分になかった感情でした。

ぼくは自分が成長することには興味がありましたが、人には全然興味がありませんでした。

しかし部下ができ、その部下が日に日に成長をしていく様子を見ると考えが代わりました。

もちろん全然言う事聞いてくれなかったりで大変な事もありますが、どうやって言えば伝わるのか、相手の心に響くのかを考え、それが的中して部下が急成長していく様子を見ると今までに味わった事のない喜びがありました。

これは独立しても従業員を雇えば得られる経験ではありますが、経営という立場になると現場で教育をする機会というのは減るだろうと思います。

社会的信用性が高い。

サラリーマンは世の中で最高の信頼度があります。

よくこんな話をします。

年収1000万の個人事業主と年収400万のサラリーマン。

どっちが多く借り入れができるか。

これは年収は低くても、長期的に安定して収入のあるサラリーマンの方が多くお金を借りる事ができるケースが多いです。

家のローンでも車のローンでも何の契約をするときでもサラリーマンの方が圧倒的信頼度があります。

面倒な税金等は全部やってくれる。

独立すると今まで会社でやってくれていた税金関連の手続きはすべて自分でやる事になります。

今まで勝手に給料から天引きされて気にもしていなかったことを気にしないといけなくなります。

もちろん税理士さんを雇うことにはなりますが、自分で考えて作業することはサラリーマンに比べて多いです。

独立のメリット

逆に独立のメリットは以下と思っています。

  • 自分の成果を搾取されない。
  • 自由な時間を作れる。
  • 毎日通勤する必要が無い。
  • 全部自己責任で自由にできる。

自分の成果を搾取されない。

会社員でいると、成果をどんなに上げても給料は基本変わりません。

もちろん多少のインセンティブやボーナスはあるにしても、自分が出した成果に比べて低いケースの方が多いです。

独立すれば、自分で出した成果はすべて自分のものです。

自由な時間を作れる。

サラリーマンの最大のデメリットとして拘束時間が長すぎることです。

休みは週に何回と決まっていて、会社の都合で休みも出勤して、なんて事はざらにあります。

独立すれば、働きたい時に働き、遊びたい時に遊べる。

収支のバランスさえ間違わなければ、毎月安定して収入が無くても、半年めちゃくちゃ仕事して1年分の収入を得て、残りの半年は遊びまくるなんて事も可能です。

時間は限られているので実質『命』と同等なんて表現をすることもあります。

特に今の自分はお金より時間が重要なのでこれがぼくが独立に踏み切った一番の理由です。

毎日通勤する必要が無い。

これはちょっとしょうもないですが、毎日朝から満員電車で通勤しなくてもいいです。

ぼくは田舎の出なのでいまだに満員電車がつらいです。

結構通勤が苦で会社を辞める人も少なくないのも事実です。

全部自己責任で自由にできる。

さっきの時間の話とも少し通じますが、独立すれば自由です。

会社にいれば自分が納得いかない事でも、やらないといけない事が多いです。

独立すれば何をやってもいいし、何をやらなくてもいいです。

もちろんそれには責任が伴います。

しかしこれが独立の最大の醍醐味と言えるでしょう。

会社が嫌でやめても成功しない!!

ここまで会社員と独立のそれぞれのメリットを書いてきましたが、独立をするのに1つ言えることがあります。

自分は今、働いている会社は大好きです。なんの不満もありません。

これがめちゃくちゃ重要な事だと思っています。

もし今あなたが会社を辞めたい理由が、今の職場が合わないから。とか、あの上司と合わないから。なら今すぐ独立なんかやめて今いる会社で成功することを考えてください。

正直今の組織でうまくやれないような人はどこの組織に行ってもうまくやれません。

ましてや経営なんてしてもいい組織は作りだせるとは思いません。

転職を重ねればいつか自分にぴったりな会社で働ける☆なんて事はありません!

今の組織が気にくわなければ、自分が変えればいいだけです。

変える発言権や権力がなければ偉くなればいいだけです。

独立はサラリーマンに比べて断然難しい生き方と思います。

独立はまず今いる環境で成功してから考えましょう。

お仕事の依頼募集中!

会社設立に先立ちまして

お仕事の依頼を募集しております。

興味のある方は是非こちらへご連絡ください!

お待ちしております。

mail@gonijro‐blog.com

事業内容

  • LP作成
  • サイト作成代行
  • 広告事業(アフィリエイト・期間広告 等)
  • その他ご相談ください。

公式Line@のメンバー募集中

ごんじろうのライン@はじめました!

これからの活動やいろんな情報について発信していきます!

将来的には調子よければ特典とかも付けれたらいいなって思ってます!

興味のある方はぜひ!

友だち追加

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-独立・起業

    

Copyright© ごんじろうブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.