人生ノウハウ

借金は怖い?みんなが勘違いしているお金のこと

ども!こんちわ!

ごんじろう(@gonjiro999)です!

皆さんはお金を借りる事についてどのような認識を持っていますか?
日本の家庭では借金=人生終了と教わってきたと思います。

確かに使い方を間違えれば借金は大変危険なものです。
しかし正しい使い方さえすればお金を借りる事は人生を有利に進める事ができます。

今回はみんなが恐れている借金についてひも解いていこうと思います。

そもそも使い方を間違えれば何でも危ない

そもそも文明が編み出してきたものは正しい使い方をすれば便利ですが使い方を間違えれば危ないものの方が多いです。

例えばあなたは移動するときに車に乗りますか?料理を使う時に包丁を使いますか?
どちらも使い方を間違えれば人を殺してしまう恐れがあります。

だからと言って車や包丁を使わずに生活する人は少ないはずです。
それは車や包丁の正しい使い方の知識を持っているからです。

お金を借りる事もそれと全く一緒です。
言わば包丁の危険な部分だけを見て、『包丁はケガをするから使わない!』と言っているのと同じことなんです。

上手に使えば便利なのに、使い方を知ろうとともせず危険なものだと遠ざけてしまいます。

それってもったいない事ですよね。
無知が故に多くの可能性を閉ざしてしまっています。

では借金を車や包丁のように上手に使いこなすためにはどうしたらよいのでしょうか?
絶対にやってはいけない借金の使い方を見ていきましょう。

絶対にやっていけないお金の借り方

借金は便利ですが諸刃の剣です。

具体的には以下の借金の仕方は危険です。
以下の例でお金を借りてしまうといい方向には進みません。

・何も生み出さないものの為に借金をする
・金利の高い借金をする
・仕組みをよくわからないまま借金をする

何も生み出さないものの為に借金をする

言うまでもないですが、生活資金がショートしてしまったり突発でブランド物を衝動買いする為に借金をするのは大変危険です。

これについて我慢しましょう。
自分に見合った生活をしましょう。

でもそれだけじゃ楽しくないですよね?
だったら自分がそれに見合う人間になればいいんです。
詳しい話は後半でしましょう。

金利の高い借金をする

借りるところによって金利はまったく違います。

特に消費者金融は最大年間18%も金利を取られてしまいます。
さらには複利でその借金に金利が付き雪だるま式に借金の額が膨れ上がっていきます。

仕組みをよくわからないまま借金をする

仕組みがよくわからないまま借金をするのも危険です。

よくあるのはクレジットカードのリボ払いがそうでしょう。

いつの間にか金利だけを払い続けて元本は全く減ってなかった!
なんてことはよくある話です。

きちんと仕組みを理解してお金を借りるようにしましょう。

正しいお金の借り方

では正しいお金の借り方はどうでしょうか?

自分の考える正しいお金の借り方は以下です。

・利益を生み出すものに投資をする為にお金を借りる

利益を生み出すものに投資をする為にお金を借りる

ぼくの知る限りこれ以外の正しい借金は知りません。

投資とは株や債券を買うことだけではありません。
自分の成長や夢のために学校に通うことや、何か事業を始めるための初期費用も立派な投資です。

ようは支払ったお金よりリターンが多ければいいんです。

最後に

お金を借りる事は危険の方が多いです。
しかしもし現状を打破したいならひとつの手段としてはアリだと思います。

詳しい事はいつでもLINE@で相談を受け付けていますのでぜひお気軽に追加してください。

友だち追加

 

最後までお読みいただきありがとうございました。